とよたブログ

鳥取大学 学友たちの訪問

久しぶりの院長コラムです。 先日、大学時代の友人が2人、豊田まで来てくれたので一緒に食事に行きました。 彼らは私にとって同じ志を持った親友です。 私の大学の獣医学科は、1学年30人ほどでした。 獣医学科は6年制ですので、6年間朝から晩までその30人とずっと一緒に過ごすわけです。またほとんどが県外出身者であったため、ほぼ全員が大学近郊に一人暮らしをしていました。もちろん私たちは自炊を全くしなかったため、それこそ朝から深夜まで大学や研究室、友人宅で過ごし寝食を共にしていました。 そんな生活を6年間も続けると、もう家族のような存在になります。また人生の中で最も楽しくそして努力も必要であったのが私にとっては大学6年間でした。 友人2人は現在、静岡と鳥取でそれぞれ動物病院の院長として仕事をしています。 また大学の同期30人中、小動物臨床(動物病院の獣医師)の道に進んだのが10人ほどでした。 卒業後9年経ちましたが、その10人ほぼ全員が修行を終え、責任のある立場で仕事をしています。大学時代はこのブログには書けないようなバカなことばかりやっていましたが、今は皆院長として責任のある立場で仕事をし、獣医師として動物たちを助けていること、そしてプライベートでは人の親となっていることに、とても不思議な気持ちになりました。 友人たちと話をすることで、今自分が悩んでいるようなことや同じような苦労を、彼らも同じように感じながら仕事をしていることに、とても勇気付けられました。またむしろ彼らの方が私よりも大変な環境で仕事をしている部分もあり、私にとって大きな刺激になりました。 さて、友人達から大きな力をもらっ

ハッピーハロウィン!!

皆さん、こんにちは。 気持ちの良い晴天が続き、朝晩も少し冷え込むようになってきて、秋の深まりを感じている今日この頃です。 さて、本日はハロウィンです!👻🎃 当院にもたくさんの子供達が「Trick or Treat」と言いながら来てくれました。イタズラをされては困るので、こんなこともあろうかと用意しておいたお菓子を配ると、皆嬉しそうに帰っていきました。 こういったイベントを心から楽しめる当院のスタッフや、地域の方々に支えられて当院があるのだなと、しみじみ感じた秋の一日でした。 動物医療センター とよた犬と猫の病院 院長 北原 康大

My Family

こんにちは。動物看護師の下垣です。 10月も終わりにさしかかり一気に寒くなりましたね。みなさん体調崩されたりしていないでしょうか? 季節の変わり目で体調を崩して来院されるわんちゃんねこちゃんも少なくない今日この頃ですので、何か心配事がありましたらお気軽にご相談くださいね。 先月は開院1周年ということで、たくさんのわんちゃんねこちゃんにご来院いただきました。イベントにも多数ご参加いただきありがとうございました! パピーパーティーに参加してくださった方からは「とても良い経験になりました!」とお声をかけていただけたり、歯周病セミナーに参加してくださり歯みがきをとても熱心に続けてくれている方がいらっしゃったりと、私たちもとても嬉しく感じる機会があって本当にみなさまに感謝しております。 これからも飼い主様とわんちゃんねこちゃんたちの幸せを願いそのお手伝いをさせて頂けるようスタッフ一同努めてまいります。 さて、話は大幅に変わりまして... 今回は7月末に我が家の家族となった、8匹目のねこ「ロボくん」のその後のお話です。 来院される患者様から「ロボくん体調は大丈夫?」とお心遣いのお言葉を頂くことも多々あってとても嬉しく思います。ありがとうございます! ※以前の記事はこちら 保護した当初は重度の削痩と神経症状があり、意識も低下していて何日間も寝て過ごして大丈夫かなぁ……ととても心配しましたが、現在は軽度に首の傾きは残っているものの、よく食べてよく遊んで、電池が切れたら眠るというような仔猫らしい生活を送っています。 現在推定5ヶ月齢で体もうんと大きくなってしっかりしてきました!本当に嬉しい限りで

臍ヘルニアの嵌頓(カントン)

臍ヘルニアとは、私たち獣医師が日常的に手術にて整復する、 一般的に言う生まれつきの「出べそ」のことです。 通常はへその部分の穴からお腹の中の脂肪が脱出し、皮下でぽこっとした腫瘤を形成します。押すと脂肪がお腹の中に入って行くのですが、また脱出します。放っておくとトラブルが起こりますので、避妊手術や去勢手術と一緒のタイミングで治してしまうことがほとんどです。 先日初診で来院したワンちゃん、もともとあった出べそが赤く腫れ上がってすごく痛がる、という主訴でした。この方はまずかかりつけの動物病院を受診し内服が処方されたようですが、改善が無いため当院を初診で受診されました。来院時、明らかに臍ヘルニアが赤く硬く腫脹し、熱感も持ち腹腔内に還納できませんでしたので、臍ヘルニアの嵌頓と診断しました。 内科的には改善が期待できないため、飼い主様に説明の上、そのまま手術を行いました。 術中の写真です。 脱出した腹腔内の脂肪が嵌頓し、赤黒く壊死を起こしています。 これを切除・整復し、飼い主様の希望もあって去勢手術と遺残乳歯の抜歯も行いました。 術後の経過は良好で、痛みからも解放され元気に過ごしています。 臍ヘルニアがある、または鼠径ヘルニアがある、そういった場合は、まずは一度当院までご相談ください。 動物医療センター とよた犬と猫の病院 院長 北原 康大

オーラルケアの必要性

当院でも高齢のワンちゃんネコちゃんの患者様も増えて来て、 それに伴い、歯石除去をする機会が増えて来ています。 口臭を主訴に来院された写真のワンちゃんは、重度の歯石と歯周病を認めました。 歯石は細菌の塊であり、口腔・鼻腔・眼下などに膿瘍を形成したり、また血液を介して全身に感染が広がることで、心臓や腎臓を悪くする原因となります。 歯石除去は全身麻酔が必要ですが、口腔内の環境を劇的に改善させることができます。 こういった病院での処置でお口がピカピカになったら、この状態をキープするために自宅でのケアが必要です。 当院では、歯ブラシ・歯磨きペースト・歯磨きガム・飲み水に混ぜるタイプの口腔洗浄剤など、効果が証明されているものを取り揃えていますので、患者様の生活スタイルに合ったオーラルケアを提案することができます。 ワンちゃネコちゃんが健康に長生きするためには、オーラルケアは必須です。 ぜひ一度、当院までお口のチェックにお越しくださいね! 動物医療センター もりやま犬と猫の病院 院長 北原 康大

レッグペルテス

若いワンちゃんが、最近後ろ足を気にする・ケンケンする・挙げていることが多い・びっこを引くなどの症状が出たら要注意です。そのような子は、病院での診察で、片方の後ろ足の筋肉量が落ちていたり、股関節を伸ばすと痛みが出る場合はX線検査が必要となります。 写真のワンちゃんも、数週間続く慢性のびっこが主訴でした。身体検査にて上記所見を認めたため股関節のX線検査をすると、大腿骨頭という部分の変形を認めたため、 レッグペルテスと診断しました。 レッグペルテスとは、若齢・小型犬に多い骨の病気で、大腿骨頭が無菌的に壊死してしまう病気です。進行すると痛み・関節変形・筋肉萎縮により、最悪の場合、歩けなくなりますので早期に手術が必要です。 当院にて大腿骨頭骨頚切除と避妊手術を同時に行い、痛みから解放された今は術後のリハビリを頑張ってくれています。 びっこだけでも原因は多岐にわたり、急性・慢性・内科適応・外科適応・場合によっては腫瘍性疾患などにより命に関わることもありますので、早めの受診をお願いいたします! 動物医療センター とよた犬と猫の病院 院長 北原 康大

膀胱結石

先日、高齢のコーギーちゃんが初診で来院されました。 主訴は 「歯が欠けちゃったかも。あと、最近オシッコが近い」 というものでした。 飼い主様が欠けてしまった歯と思って持参していたものを確認すると、 おそらく膀胱結石と思われました。 そこで、X線検査をしてみると膀胱内に多数の小さな結石を認めました。 以上より、膀胱結石・膀胱炎と診断しました。 女の子だったため、オシッコと一緒に結石が出て来たのでしょう。 高齢のワンちゃんであり飼い主様が手術を希望されなかったので、内科的に溶解が期待できる結石なのかを調べるために検査に出しました。その結果は、ストルバイトという内科的に溶解できる可能性のある結石であったため、食事療法を開始しています。今後、このブログでも結果を紹介するつもりです。また、飼い主様は結石溶解とともにダイエットも望んでおり、そんなワンちゃんにぴったりの食事がありますのでそちらも良い結果が出るでしょう。 動物医療センター とよた犬と猫の病院 院長 北原 康大

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
カテゴリー

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299