とよたブログ

帝王切開

こんにちは! 院長の北原です。忙しい毎日が続いており、なかなかブログを更新できませんが、今後も皆様の役に立つ情報を提供していこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 この猫ちゃんは2ヶ月前にお家から脱走してしまい、数日後に帰宅したそうです。 ここ数日の体調不良があり、他院を受診し猫カゼと診断され、お薬を処方されたとのことでした。その後、なんと1頭の赤ちゃんを流産してしまい、妊娠が発覚したとのことです。 そして当院には、陰部から出血が続いているとの主訴で来院されました。 X線検査にて、2頭の胎子を確認。産道には進んでおらず、子宮内に止まっています。 超音波検査にて胎子心拍はあるものの、やや徐脈。 ・産道に進んでいないにも関わらず出血が続いていること ・胎子心拍が落ちていること ・1頭を流産していること 以上より異常分娩と診断し、このまま経腟分娩を待つのはハイリスクと判断。 帝王切開による母子の救出を行いました。 ヒトの帝王切開は硬膜外麻酔等の局所麻酔が多いですが、動物の帝王切開は基本的には全身麻酔です。私の場合、麻酔導入から胎子を取り出すまでは静脈内麻酔のみで維持をし、その後に吸入麻酔に切り替えます。そういった工夫をしても、生まれてくる胎子たちは軽度に麻酔がかかっており眠っています。取り出した胎子2頭の蘇生は動物看護師に任せ、私は母猫の手術を続行します。 こうしてスタッフ総動員で帝王切開を終え、無事に母子を退院させることができました。 先日、1週間後の検診に来院されましたが、子猫は2頭とも活力があり母乳をよく飲んでいる様子。また母猫も赤ちゃんたちのお世話を一生懸命やってい

マンソン裂頭条虫

こんにちは。院長の北原です。 GW中はとても多くの患者様にご来院いただき、診療が大変混雑をしました。 そんな中で患者様・動物達・スタッフの健康を守るため、いわゆる3密を防ぐべく、スタッフ一同で様々な工夫を行い診察を行なっています。お車でお待ちいただけるようにポケベルも用意しておりますので、ぜひご利用ください。 患者様に聞かれれることが多くなった診察の混雑状況ですが、平日AMおよび土日祝は、診察が大変混雑します。平日PMが比較的待ち時間少なくお呼びできるかと思います。 当院は年中無休で診療を行なっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 さて、暖かくなってきて、寄生虫の感染が増えてきました。 本日だけでも、マダニ寄生の子が何頭か来院されています。 そこで今回は、寄生虫の1つである「条虫」の話をしたいと思います。 条虫とはいわゆる「サナダムシ」で、なかでもマンソン裂頭条虫は最大2mにも達する大型の条虫です。人獣共通感染症であり、人にも寄生する可能性があります。 幼虫が第一中間宿主のケンミジンコに寄生し、それを食べた第二中間宿主のヘビ・カエルなどに寄生します。そして終宿主である猫ちゃんがそれら獲物を捕らえて食べることで寄生が成立します。つまり、外に遊びに出る猫ちゃんは感染するリスクがあるのです。 先日、当院にも猫ちゃんのお尻から寄生虫が出てきたと言うことで診察させていただく機会がありました。寄生虫は明らかな条虫の形態でしたが、これを顕微鏡で観察することで特徴的な虫卵を確認し、マンソン裂頭条虫と診断しました。 治療はプラジカンテルと言う駆虫薬を、大量に投与することです。頑張って

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
カテゴリー

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299