• 北原 康大

低血糖症


 当院は若いワンちゃんネコちゃんに比較的多く来院していただいています。

先日のワンちゃんは、3か月弱のチワワちゃん(体重700g)。吐いて下痢してグッタリが主訴でした。血液検査をしてみると血糖値が28しかありません(通常は100以上)。

低血糖症です。

緊急性のある状態ですので、そのまま入院点滴です。

若齢小型犬は予備力が無いため、環境の変化による食欲不振や、感染症などの胃腸障害ですぐに低血糖症になります。

緊急的に治療しないと命に関わります。

この子はジアルジアという原虫感染による胃腸障害で低血糖に陥っていました。入院による点滴と駆虫により、今ではすっかり元気です。

子犬ちゃん子猫ちゃんの体調の変化は様子を見てはいけません。

すぐに当院にご相談くださいね。

動物医療センター とよた犬と猫の病院

院長

北原 康大

#子犬 #子猫 #低血糖症

0回の閲覧

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299