• 北原 康大

風邪の季節です


 先日、うちの10ヶ月の息子(晃太朗)が風邪を引きました。元気もあり、ミルクや離乳食もいつも通り食べるのですが、鼻水ズルズル、寝息もゼロゼロ言っています。

すごく心配して小児科に連れていきました。鼻に細い綿棒を突っ込まれて晃太朗くん大泣き。

診断はRSウイルス感染症でした。

シロップ薬と自宅で行うネブライザーを貸してもらい、(奥さんが)頑張って治療しました。今はすっかり元気ですが、子供のことだと本当に心配しました。

ワンちゃんネコちゃんももちろん風邪を引きます

くしゃみ・鼻水・せき・声枯れ・結膜炎・発熱などが症状となります。

当院では内服薬に加えて、ネブライザー治療、インターフェロン治療も行っています。この2つの治療を内服と併用すると、明らかに回復が早いです。あとは水分と栄養をよくとって、ストレスなくゆっくり休ませることです。

また、風邪の原因ウイルスはワンちゃんもネコちゃんも混合ワクチンに含まれます。

しっかり予防しておくことで、発症しない、もしくは発症しても症状が軽く済みます。

晃太朗くんは今度5本ぐらい一度に予防接種するそうなんですが、ワンちゃんネコちゃんは1本で済みますので、1年に1回のワクチン接種をぜひ行いましょう。

動物医療センター とよた犬と猫の病院

院長

北原 康大

#予防 #ワクチン #風邪 #犬 #猫 #インターフェロン #ネブライザー

109回の閲覧

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299