• 北原 康大

陰睾(潜在精巣)


陰睾とは精巣が陰嚢内におさまっておらず、鼠径部(股の部分)や腹腔内にとどまっている状態のことです。

 遅くても生後半年までには精巣は陰嚢内に降りてくるのですが、これが降りて来ない子が時々います。ネコちゃんはまれですが、ワンちゃんは比較的多い疾患です。これを放置しておくと、将来的に精巣の腫瘍になってしまうリスクが大幅に上がります。

 先日、当院でもワンちゃんの陰睾手術をしました。その子は陰嚢内には1個しか精巣が無く、鼠径部にも触知出来ませんでした。超音波検査にて腹腔内に小さい精巣があることを確認したため、開腹手術を行いました。

 腹腔内の精巣は小さいことが多く、また腎臓後方から腹腔内の様々な場所に隠れているため、見つけるのが難しい場合があります。ただ、精巣と繋がる精管という管は膀胱の近くに必ずあるため、それをたどれば精巣が簡単に見つけられます。

無事に手術を終え、1泊点滴入院して元気に退院していきました。

陰睾は病気のリスクが高いため、どの獣医師も強く手術を勧める病気です。

陰睾でお困りの方がいらっしゃいましたら、当院にご相談くださいね。

動物医療センター とよた犬と猫の病院

院長

北原 康大

#陰睾 #潜在精巣 #オス #去勢 #停留睾丸 #精巣腫瘍

0回の閲覧

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299