• 北原 康大

膀胱結石


先日、高齢のコーギーちゃんが初診で来院されました。

主訴は

「歯が欠けちゃったかも。あと、最近オシッコが近い」

というものでした。

飼い主様が欠けてしまった歯と思って持参していたものを確認すると、

おそらく膀胱結石と思われました。

そこで、X線検査をしてみると膀胱内に多数の小さな結石を認めました。

以上より、膀胱結石・膀胱炎と診断しました。

女の子だったため、オシッコと一緒に結石が出て来たのでしょう。

高齢のワンちゃんであり飼い主様が手術を希望されなかったので、内科的に溶解が期待できる結石なのかを調べるために検査に出しました。その結果は、ストルバイトという内科的に溶解できる可能性のある結石であったため、食事療法を開始しています。今後、このブログでも結果を紹介するつもりです。また、飼い主様は結石溶解とともにダイエットも望んでおり、そんなワンちゃんにぴったりの食事がありますのでそちらも良い結果が出るでしょう。

動物医療センター とよた犬と猫の病院

院長

北原 康大

#膀胱結石 #膀胱炎 #食事療法 #結石溶解 #ストラバイト

0回の閲覧

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299