• 北原 康大

食道内異物除去


早朝の診察時間外に電話がなりました。

初診のワンちゃんで、「リンゴを飲み込んでしまい、呼吸が苦しそう、泡を多量に吐いている」とのことでした。状況から考えると、リンゴが食道に詰まっていると思われます。

非常に緊急性が高い状態ですので、すぐに来院してもらいました。

来院時、強いえづき・泡の嘔吐・呼吸苦を認めました。レントゲン検査にて食道の終わり(胃の手前)で閉塞しているリンゴと思われる陰影を認めました。食道全体もガスで拡張しています。

リンゴによる食道閉塞と診断して、すぐに全身麻酔下での内視鏡を行いました。

内視鏡を入れると、すぐに食道内にリンゴを確認できました。

鉗子で摘出しようと試みましたが、リンゴが柔らかくて掴んだ部位が崩れるだけでなかなかできず。

そこで、内視鏡でリンゴを胃内に押し込むことにしました。

無事に胃内に押し込んで終了です。リンゴは通常通り消化吸収されます。

私が夜間救急病院に勤務時代、数多く経験した食道内異物。ワンちゃん達もこれから年末に向けて、普段とは違う食事・生活になる可能性があり、こういったトラブルが増える可能性がありますので、要注意です。

動物医療センター とよた犬と猫の病院

院長

北原 康大

#内視鏡 #食道内異物食道梗塞 #誤飲誤食 #救急

212回の閲覧

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299