• 北原 康大

異物誤飲が多発しています!!


こんにちは。院長の北原です。

今年に入って当院では異物誤飲による消化管閉塞で内視鏡や開腹手術になる子がたくさんいらっしゃいます。

石を大量に食べてしまった子。

金属異物が腸を突き破っていた子。

長い紐が腸全体に引っかかってしまった子。

腸閉塞症状は「頻回嘔吐、食欲無し、元気無し」です。

当院では血液検査・X線検査・超音波検査にて確実に診断し治療を行います。

しかし先ずは誤飲させないことが肝心です。

異嗜症と言って誤飲傾向の強い子がいます。異物をよく食べてしまう、便から異物がよく出てくる、こんな子は要注意です。

一番大切なのは、口の届く範囲に物を置かずに誤飲を防いであげることです。

また、口にくわえたおもちゃを号令によって離したらおやつをあげる、こんな訓練もとっさの時に役に立つでしょう。

それでも誤飲をしてしまった時は、当院までご相談下さい。

動物医療センター とよた犬と猫の病院

院長

北原 康大

#誤飲 #消化管内異物 #内視鏡 #腸切開 #胃切開

0回の閲覧

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299