口腔内の腫瘤

こんにちは!動物看護師の下垣です。お久しぶりの投稿となります♪

暑くなってきましたが、みなさまお変わりありませんか?

今年は例年よりも早く梅雨入りしてしまい、雨の日が続くと気分も憂鬱になりがちですが、そんな時私は、晴れた日にリプトンとお散歩してリフレッシュしています。

先日は近所の公園へ行ったのですが、カーネーションがとってもきれいに咲いていて癒されました🌷



久しぶりのお散歩だったのでリプトンもいい笑顔してます(*^^*)

それもそのはず。

実はリプトン、このお散歩の2日前にちょっとした手術を行いました。

お口の中、奥歯の歯茎に数年前からあったできものが、なんだか急に大きくなって、出血するようになったので、思い切って切除して病理検査へ提出しました。



3-4年の間で少しづつ大きくはなっていましたが、ここ数カ月で奥歯を覆ってしまうほどの大きさになり、さらに出血したのでちょっと怖くなって、良性のものであってほしい…と思いながら手術に臨みました。

今年11歳を迎えるリプトンですが、今まで病気といえば誕生日に食べ慣れないものを食べて翌日に胃腸炎で病院へかかるくらいと、とても健康優良児だったのでまさかこの歳になって全身麻酔で手術を受けることになるとは…。

私もとても不安でしたが、無事に乗り切ってくれてひとまず安心です。今までにないくらいの緊張と恐怖で終始泣き出しそうな顔をしながら頑張ってくれました。


そんなことがあったので、この日のお散歩は私にとってもリプトンにとっても格別でした!



そして、後日出た病理検査の結果も良性だったので本当に本当に良かったです(*^^*)

わんちゃんやねこちゃんは体のどの部位にも、しこりやできものができることがありますので、みなさんの大切なご家族の体に何かできているのを見付けたら、お気軽にお早めにご相談くださいね。



動物医療センター とよた犬と猫の病院

動物看護師 下垣弥生

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事