子犬の骨折

こんにちは!獣医師の岡松です。


最近当院では骨折症例が多いです。最近の入院患者さんの過半数は骨折したワンちゃんでした。

小型犬、特にトイプードルの子犬の骨折が非常に多いです。中でも前肢の橈骨と尺骨の骨折がよく見られます。骨折の原因は高所からの落下がほとんどで、ソファから落下して骨折、飼い主様の膝の高さから飛び降りて骨折等といった場合もあります。


骨折は包帯等での外固定で治癒することもありますが、折れた骨が元の位置から大きくズレてしまったり特殊な骨折の場合は手術が必要になってしまいます。


手術は、骨折の部位や折れ方によって方法が異なりますが、金属のプレートによって固定する方法が一般的に行われます。




プレートのサイズは色々ありますが、小型犬の場合はよくあるボールペンよりは細いプレートを使います。




最近はLCPというプレートがよく使われます。LCPは手術後に抜去するのが一般的です。まずスクリューの一部を抜去し、骨が安定したら残りのスクリューとプレートも抜去します。スクリューの穴も塞がったら完治と言えます。


骨は折れるのは一瞬ですが、治るまでに数ヶ月以上かかってしまいます。子犬の身体はとても繊細ですので、注意してお世話してあげてください。骨が折れてしまうと触ると痛がり、痛みで地面に足を付けなくなってしまいます。そのような場合は早めにご相談下さい。



動物医療センター とよた犬と猫の病院

獣医師 岡松 岳

タグ:

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
タグから検索

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299