とよたブログ

股関節の疾患

春という季節は動物病院には多くの患者様が来院されます。 狂犬病・フィラリア ・ノミダニなどの各種予防が本格的に始まるシーズンだからです。 当院でも多くの患者様が来院されており、特に土日は大変混み合っています。 待ち時間が長いと飼い主様や動物達に大きなストレスになってしまいます。なるべく待ち時間が短くなるよう、スタッフ一同で様々な努力をしています!! さて、股関節の怪我や病気で手術をすることがあります。 この1ヶ月で2頭のワンちゃんの股関節手術があったので、今回はその話題です。 1頭は、股関節脱臼 1頭は、レッグペルテス と言う診断でした。 股関節脱臼は骨盤から大腿骨が外れた状態で、何らかの強い衝撃等が原因であることが多いです。急性発症なので、患肢の筋肉萎縮はありません。 レッグペルテスは大腿骨頭という部分の血流が乏しくなり、骨が壊死してしまう病気です。若い小型犬に多く発症します。 慢性経過ですから、患肢の筋肉が萎縮し、足が細くなっています。 2頭とも、大腿骨頭骨頚切除(FHO)と言う手術を行いました。大腿骨の股関節部分の骨を切除する手術です。写真は股関節脱臼のケースなので、骨頭(丸い部分)はキレイです。骨頚(細い部分)とともに切除しています。 術後に適切なリハビリを行えば通常通り歩けるようになります。 股関節脱臼は急性発症で明らかな後肢の挙上を認めますので分かりやすいですが、レッグペルテスに関しては慢性的なびっこが症状となります。なんだか最近後ろ足を気にする、びっこを引いている、ケンケンする、などの症状を認める特に若い小型犬は、1度病院にお越しください。 動物医療センター とよ

予防シーズンがやってきました!

こんにちは!動物看護師の下垣です。 だんだんと暖かくなり、春を感じられるようになってきましたね🌸🌸 そろそろ桜が咲きそうでわくわくしている今日この頃です♪ 桜が咲いたら、我が家のわんこ リプトンといろんな公園に行ってお花見を満喫する予定です(*^^*) 気温が暖かくなると虫たちも活動が活発になります。しっかり予防して大切なわんちゃんねこちゃんたちを守ってあげましょう! そして、そろそろ各自治体からの狂犬病予防接種のお知らせも送られてくる頃かと思います。 本格的な【フィラリア予防・ノミダニ予防・狂犬病予防接種・混合ワクチン接種】の予防シーズン到来です! ●狂犬病予防接種は令和2年度の登録の接種がスタートしていますので、わんちゃんの体調が良ければいつでも接種していただけます。 4月~6月の接種が推奨されていますのでその期間内にご来院ください。ご予約は不要です!各自治体からのお知らせ、もしくは犬鑑札をご持参ください。 ●フィラリア・ノミダニ予防は4月から12月まで行っていきます。 フィラリア予防は毎年お薬を飲む前に、フィラリアの感染がないかどうかの確認の血液検査が必要となります。 フィラリア検査のみのものと、1度の採血でフィラリア検査と内臓器の血液検査も同時に行える春限定の血液検査セットもご用意しています!年1回の健康チェックとして受けていただくのにおすすめです。 フィラリア・ノミダニ予防薬もいろいろなタイプのお薬がありますので、その子に合ったお薬を毎月続けていきましょう♫ ●混合ワクチン接種も狂犬病予防接種と同様に、年に1回追加接種を行っていきます。 混合ワクチンと狂犬病予防接

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
カテゴリー

Copyright©動物医療センター とよた犬と猫の病院 All rights reserved.

動物医療センター とよた犬と猫の病院

〒471-0864  愛知県豊田市広路町1丁目1 イオンスタイル豊田1F

Tel: 0565-47-1299